ウイルス否定試験

ウイルス否定試験では、被験試料中に懸念されるウイルスが存在するか否かを、感染性(細胞変性、血球凝集、血球吸着、プラーク形成)、ウイルスゲノム(PCR)、逆転写酵素活性、抗ウイルス抗体産生、電子顕微鏡画像、動物試験など、様々な手法で検出します。被験試料ごとに試験メニューから最適な試験を選択する必要があり、開発段階あるいは製造段階に応じた規制当局の求める「ウイルス否定」に関する深い知識が求められます。

細胞培養顕微鏡観察

ViSpotが提供するウイルス否定試験一覧

 

サービスのフロー

ウイルス否定試験委託の流れ

ViSpotへの委託試験のご相談はこちら

お問合せ/ご相談