その他のウイルス試験(抗ウイルス試験)

抗ウイルス試験/ウイルス不活化試験では、対象となる薬剤や不活化剤がウイルスを不活化する能力を、濃度・時間・温度・など様々な条件下で定量します。適切な試験系のデザインを採用したうえで、感度の高い定量法を用いることが重要です。

実験用plate作業風景
取扱いウイルス

ViSpotへの委託試験のご相談はこちら

お問合せ/ご相談