ViSpotのQA,QC体制

ViSpot-信頼性保証体制図
ViSpotの信頼性保証部は「測定データや判定記録の完全性がお客様に信頼いただけること」をモットーに、試験報告書や試験成績書が研究開発、並びに承認申請のお役に立てることを願って、QA/QC業務を遂行しています。

QA/QCでは以下のような項目を試験ごと、あるいは定期的な監査でチェックしています。
・試験担当者の技術や手順は訓練されているか、必要な研修を受講しているか?
・試験の操作/作業は計画書や手順書に従って実行されているか?
・設備/機器の機能・性能は規定に従って維持できているか?
・試験系や試薬はSOPに従って識別・管理されているか?
・規定のワークシートに記述した記録の完全性は確保されているか?
・試験責任者は試験の遂行に関わる規定の責務を果たしているか?
・施設全般の運営管理/品質管理は規定・基準どおりに実行されているか?

重大な逸脱事例が起こらないように、信頼性保証部とウイルス試験部による「リスクの検知と未然防止」を視点に「お客様へ安心を提供できる」QA/QCに取り組んでいます。

 

ViSpotへの委託試験のご相談はこちら

お問合せ/ご相談
USA