アピ(株)と業務提携

NEW2020.8.27 アピ株式会社と業務提携 国内バイオ医薬品ウイルス安全性評価事業の強化がすすむ

バイオ医薬品の製剤開発・製造支援(CDMO)事業を展開するアピ株式会社(本社:岐阜県岐阜市加納桜田町1-1)と各種ウイルス安全性評価試験をビジネスの柱にしているViSpot株式会社は、2020年8月27日に業務提携しました。
この提携により、バイオ医薬品開発・製造に欠かせない以下の試験をViSpotで一括受託、信頼性保証することが可能になりました。

[ViSpot提供]
・ウイルスクリアランス試験(GLP準拠)
・ウイルス否定試験(GMP準拠)
・そのほかのウイルス試験

[アピ提供]
・無菌試験(GMP準拠)
・マイコプラズマ否定試験(GMP準拠)
・エンドトキシン試験(GMP準拠)

ViSpotは、これからもウイルス安全性評価試験サービスを充実させ、日本のバイオ医薬品の開発に貢献を続けてまいります。

アピ株式会社について
明治40年(1907年)に創業。養蜂器具の製造や販売を行う養蜂家のサポート業から始まりました。現在では、一般向け・法人向けにハチミツを使用した製品・原料の提供に加え、医薬品の開発、製造の受託、研究用試薬の製造など多岐にわたる事業を展開しています。

■ViSpot株式会社について
平成29年(2017年)にバイオ医薬品製造工程のためのウイルスクリアランス試験(GLP)専門受託試験機関として創立。2020年から新たに一連のウイルス否定試験(GMP)を、そのサービスメニューに加えています。

ViSpotへの委託試験のご相談はこちら

お問合せ/ご相談
USA